精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず… | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

支援学校で息子が習った「働く」意味。その内容にショックを隠せず… | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

子育ての渦中にいると目先のことに囚われてしまい、ここ一二年のことしか視界に入らないことがあります。 でも、人生80年。進学すれば卒業がありますし、卒業すれば就労が待っています。そして、就労した後も人生は続きます。それぞれの時代が分断されてはならないと思うのです。

『エッチなお仕事なぜいけないの?』――中村うさぎが風俗嬢から学者までと考える“売春の是非” | ダ・ヴィンチニュース

『エッチなお仕事なぜいけないの?』――中村うさぎが風俗嬢から学者までと考える“売春の是非” | ダ・ヴィンチニュース

10年以上前、私が障害者の支援団体の活動にボランティアとして携わっていた頃のこと、身体障害者の家族から性風俗店の相談を受けた。障害者でも利用できると広告に明記してあるお店の存在を知ってはいたけれど、行ったことの無い店を紹介するわけにいかず、他のメンバーに相談しても情報を得られなかったため、相手には役に立てないことをお詫びした。自分は生活の一部として自慰を当たり前のようにしていたくせに、食欲や睡眠欲などと並んで人間の三大欲求のうちの一つに数えられる性欲については考えもしなかったことを恥ずかしく思い会議に議題として出してみると、性欲は生活とは直接関係無いからとでもいうように黙殺された。それから後の2008年に、「障害者の性」問題を解決するための非営利団体「ホワイトハンズ」が設立されたと報じる新聞記事を読んだ頃には、別な理由もあり活動からは離れていて私の関心も薄れてしまっていた。

48歳シングルマザーが貧困に苦しむ深刻事情 | 貧困に喘ぐ女性の現実

48歳シングルマザーが貧困に苦しむ深刻事情 | 貧困に喘ぐ女性の現実

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。

今回紹介するのは、26歳の知的障害者の息子と2人暮らしのバツ2のシングルマザーだ。

ノーベル賞「時計遺伝子」の仕組み…食生活にも応用を

ノーベル賞「時計遺伝子」の仕組み…食生活にも応用を

【管理栄養士が解説】2017年のノーベル医学・生理学賞に3人のアメリカの博士が選ばれました。朝になると目覚め、夜になると眠るのは太陽にあわせて体がリズムを取っているから。長い間、謎に包まれていた「生体リズム」を刻む遺伝子を発見したことが受賞理由です。この生体リズムを応用し、食生活も含めて健康的な生活を送る方法について解説します。

ミュージシャンやビジネスマンが罹患難治性の「突発性難聴」海外治療最前線 第47回国際オーソモレキュラー医学会世界大会 トピック決定!

ミュージシャンやビジネスマンが罹患難治性の「突発性難聴」海外治療最前線 第47回国際オーソモレキュラー医学会世界大会 トピック決定!

現在、世界の医療関係者の間で、治療が困難と言われている生活習慣病や慢性疾患に対して食事・サプリメント・ビタミン点滴に代表される栄養療法が有効であるというエビデンスを共有する動きが拡まっています。

子どもに伝わる「しかり方」8つの具体例 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

子どもに伝わる「しかり方」8つの具体例 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

「『どうしてできないの?』と、子どもをしかっても問題行動は解決しません」。発達障がいの専門家で、精神科医の西脇俊二氏はそう言います。「ちゃんとしなさい」ではダメ。それでは具体的にどう伝えればいいのか。子どもとのコミュニケーションをとるうえで、親が意識するべきポイントを解説します――。

薬物依存を抑える分子の働き、富山大学が世界初の解明 | 大学ジャーナルオンライン

薬物依存を抑える分子の働き、富山大学が世界初の解明 | 大学ジャーナルオンライン

富山大学大学院医学薬学研究部の研究グループが、マウスを用いた実験で薬物依存を抑える新しい物質を発見した。研究成果は英学術誌「Scientific Report」に掲載されたが、世界中で大きな社会問題になっている薬物依存の治療につながる可能性に期待が集まりそうだ。

医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い|健康・医療|NIKKEI STYLE

医師が明かす ストレスに強い人、弱い人の決定的違い|健康・医療|NIKKEI STYLE

長時間労働などの働き方が問題視されるようになり、「働き方改革」に取り組む企業が増えているが、ストレスから心を病む労働者は今も絶えない。その中でも、厳しい労働環境でもストレスに打ち勝つ人とそうでない人がいる。その違いはどこにあるのだろうか。

医療テクノロジーが問う「死」と「人間性」の未来

医療テクノロジーが問う「死」と「人間性」の未来

人工臓器、脳神経インプラント、ナノボット──。実用化が進む最先端の医療テクノロジーが人間にもたらす「希望」と「危機」を、『Beyond Human』の著者イブ・ヘロルドが語る。


Top