精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

ピックアップ

「脳が壊れた」夫妻・同棲から16年目の家庭内大改革(鈴木 大介) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

「脳が壊れた」夫妻・同棲から16年目の家庭内大改革(鈴木 大介) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

41歳で脳梗塞で倒れたルポライターの鈴木大介さんが、「大人の発達障害さん」のお妻様とタッグを組んで過酷な現代社会をサバイブしてきた18年間を振り返る本連載。「ようやくあたしの気持ちがわかったか」とお妻様。鈴木家の大改革が始まります。

暴言は目撃しただけの人の心も脳も傷つける(西多昌規) - Yahoo!ニュース

暴言は目撃しただけの人の心も脳も傷つける(西多昌規) - Yahoo!ニュース

乱れた交通機関の現場で、駅員に詰め寄り暴言を浴びせる人をよく見かける。インターネットの普及で、罵詈暴言を目にする機会も増えた。暴言は被害者だけでなく、目撃しただけの人の精神状態をも乱す。

唐突にぶちキレる、制御不能なミドルの焦り

唐突にぶちキレる、制御不能なミドルの焦り

突然、激しい怒りを爆発させたX課長は、その前に睡眠不足を訴えていたが、明らかに心の病だったというわけでもない。結局、X課長の異動で事は収束となったが、果たしてそれは本当の解決策だったのか。

75歳以上のドライバー、認知症の恐れ1万人超 3~5月

75歳以上のドライバー、認知症の恐れ1万人超 3~5月

75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行された3月から5月末までの間に、運転免許更新時などに「認知症の恐れがある」と判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。このうち8.5%の987人が医師のアドバイスなどで免許を自主返納した。

家がゴミ屋敷状態に!? 30代のセルフネグレクト体験談と予防する方法

家がゴミ屋敷状態に!? 30代のセルフネグレクト体験談と予防する方法

時折テレビでゴミ屋敷の特集が組まれることがありますよね。部屋中に溢れるゴミや近隣住民から苦情が来るほどの悪臭に囲まれて暮らすなど、正直ゴミ屋敷に住む人たちのことは普通の感覚では理解できないものです。

生活保護費を搾取する貧困ビジネス施設から立ち直った女性の半生

生活保護費を搾取する貧困ビジネス施設から立ち直った女性の半生

今回は、精神障害を抱えて生活保護で暮らす1人の女性の半生から、彼女が抱え続けてきた多様な「貧」と「困」を紹介したい。幼い頃から虐待を受けていた彼女は、何が不足していたために問題を抱えることになり、そして現在も抱えているのだろうか。

阪大、脳全体を高速・高精細に観察できるイメージング装置を開発

阪大、脳全体を高速・高精細に観察できるイメージング装置を開発

大阪大学(阪大)は6月22日、脳の細胞や神経繊維レベルの微細な構造を識別できる分解能で、マウスや非ヒト霊長類の脳全体を高速に観察できるイメージング装置を開発することに成功したと発表した。

研究炉学生に身元調査 原子力規制委が大学に要請

研究炉学生に身元調査 原子力規制委が大学に要請

原子力規制委員会が、大学などの研究用原子炉を使う学生や研究者などを対象に、精神疾患の有無や犯罪歴といった身元調査の実施を大学側に要請していることが、分かった。

メンタルを追い込まない秘訣は? エッセイ『自分を好きになろう』岡映里&瀧波ユカリインタビュー | ガジェット通信

メンタルを追い込まない秘訣は? エッセイ『自分を好きになろう』岡映里&瀧波ユカリインタビュー | ガジェット通信

東日本大震災で被害にあった福島県浜通りで生きる人を克明に取材したノンフィクション『境界の町で』(リトル・モア)が各方面に衝撃を与えた岡映里さん。実は、取材の影で双極性障害を患っていたといいます。
そんな岡さんが恋愛や仕事、生活の何もかもが上手くいかない自分を変えるためにどうしたのか、1年半の記録をまとめたエッセイ『自分を好きになろう』(KADOKAWA/角川マガジンズ)より刊行。表紙・マンガを『臨死!!江古田ちゃん』『あさはかな夢みし』の瀧波ユカリさんが担当しています。

自傷行為とは?痛くても行う理由や精神障害との関係、具体的な止め方、周囲の適切な対応を解説します | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

自傷行為とは?痛くても行う理由や精神障害との関係、具体的な止め方、周囲の適切な対応を解説します | LITALICO(りたりこ)発達ナビ

自傷行為は自らを死なない程度に傷つける行為です。その多くは、10代~20代に見られます。自傷行為はやめたくてもなかなかやめられません。その背景には脳内物質が分泌しているからかもしれません。この記事では、自傷行為と紛らわしい自傷行動、自殺行為との違いや、自傷行為の種類、理由、目的から精神障害との関係まで詳しく説明します。


Top