精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

知的障害のある19歳殺人犯は、父親からおぞましい暴力を受けていた(石井 光太) @gendai_biz

知的障害のある19歳殺人犯は、父親からおぞましい暴力を受けていた(石井 光太) @gendai_biz

「誰でもよかった。とにかく、親父を困らすために人を殺したかった」

2008年11月、19歳の少年はこう語り、トラックで会社から帰宅途中の男性(24歳)をはねて殺した。

これまで私は川崎中一男子生徒殺害事件など、いくつもの少年事件を取材してきた。あまりに残虐な事件が起きた時、メディアはその動機を「少年の心の闇」と曖昧な表現にして片づけてしまいがちだ。そして一般の人もそれでわかったような気持ちになる。

だが、「心の闇」という表現は何も表していない。メディアも人々も、事件を理解した気になって加害者を批判したり、社会システムの不備を嘆いたりしているだけなのだ。

では、「心の闇」の正体とは何なのか。

就労実績を重視する支援機関~採用する側の企業の考え方 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

就労実績を重視する支援機関~採用する側の企業の考え方 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

精神障害者の私が障害者のOJT実習を担当することに〜配慮事項に関する経験談(前編)を参考に 今年で企業の障がい者担当のOJTを通算7年間、担当してきました。実習に来られた、障がい者の方々が抱えた問題点や就労移行支援の在り方に疑問を持ったことなど、体験談として書いていきます。大げさとか極端など感想を持つ方もおられるでしょうが、全て事実です。時間が経つにつれ、いい意味での変化はありましたが、最初はどう対処すればいいか分からない実習生も多かったのです。

「うつ病は血液検査で診断」の時代が来る(川村 則行)

「うつ病は血液検査で診断」の時代が来る(川村 則行)

とかく問診での診断になりがちな精神科の疾患。糖尿病はヘモグロビンA1c、脂質異常症は血中コレステロール値など、内科系疾患のように、血中物質で客観的に、メンタルヘルスの問題を判断できないものか? そんな取り組みを続けてきた医師がいます。今や国民病とも言われるうつ病を、血液検査で診断する方法をご紹介。

発達障害がわかった9歳の息子が、教室で自ら診断名を発表できたワケ(髙崎 順子) @gendai_biz

発達障害がわかった9歳の息子が、教室で自ら診断名を発表できたワケ(髙崎 順子) @gendai_biz

筆者はフランス・パリ郊外に在住し、現地小学校に通う9歳と6歳の息子をフランス人の夫とともに育てている。ありがたいことに二人とも健康優良児、喧嘩しつつも仲の良い兄弟で、やんちゃ盛りの毎日を過ごしている。

リカバリーカルチャーって何?(2)先進国・米国に依存症治療施設を訪ねて - NEWS SALT(ニュースソルト)

リカバリーカルチャーって何?(2)先進国・米国に依存症治療施設を訪ねて - NEWS SALT(ニュースソルト)

アルコールや薬物などの依存症から立ち直り、回復した姿を社会に示していく「リカバリーカルチャー」は近年日本でも、著名人などの発信を通して少しずつ根づき始めている。今回は、リカバリーカルチャー発祥の地であり、長い歴史を持つ米国の事例を紹介したい。

“ひきこもり死”~中高年 親亡きあとの現実~ - NHK クローズアップ現代+

“ひきこもり死”~中高年 親亡きあとの現実~ - NHK クローズアップ現代+

内閣府は今年、中高年のひきこもりの数を推計61万人と初めて発表。NHKが独自に取材したところ、親の死後、ひきこもりの子どもが餓死するなど、深刻なケースが全国で相次いでいることが判明した。一方で家族はひきこもりの存在を隠そうとしたり、自治体など周辺からの介入が難しい現実も見えてきている。親の介護や退職など様々な事情で社会とのつながりを失い、その果てに死にいたるまで追い込まれる人たちの現実を伝える。

認知症が働ける「ちばる食堂」が教えてくれるもの

認知症が働ける「ちばる食堂」が教えてくれるもの

沖縄の方言で「頑張る」を意味する「ちばる」の名を冠する「ちばる食堂」は、名鉄特急で名古屋から30分、愛知県岡崎市の住宅街にある。2019年4月に開業したちばる食堂では認知症の有症者が4名、常時働いている。

腸内微生物の移植が、自閉症スペクトラムの症状を軽減する:研究結果|WIRED.jp

腸内微生物の移植が、自閉症スペクトラムの症状を軽減する:研究結果|WIRED.jp

腸内微生物の移植を施された自閉症スペクトラムの患者を2年かけて追跡調査した結果、患者に特徴的な「社会的ふるまい」に45パーセントもの改善がみられたとの研究結果が発表された。この研究は、腸内微生物移植が自閉症スペクトラムの長期的な治療において効果的である可能性を示唆している。

医者がうつ病患者に"がんばれ"と言うワケ 回復状態によって適切な対応は違う

医者がうつ病患者に"がんばれ"と言うワケ 回復状態によって適切な対応は違う

「うつ病の人に、がんばれと言ってはいけない」とよく言われる。これは本当なのか。精神科医の岩波明氏は、「軽いうつ病の場合は対応が異なる。治療を進め回復に向かっていく過程で、がんばらなければならない時も出てくる」という――。

アルコール依存症とゲーム障害、治療ツール開発へ

アルコール依存症とゲーム障害、治療ツール開発へ

厚生労働省は16日、2020年度の厚生労働科学研究事業に関するパブリックコメントの募集を始めた。障害者政策総合研究事業に関しては、「アルコール依存症やゲーム障害に対応できるソフト・ハード両面の整備のため、実態調査等から基礎資料を得て、治療や相談支援のためのツール開発と人材育成を推進する」としている。募集期間は9月15日まで。【新井哉】


Top