精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

コラム

知的障がい者が「福の神」になったというメッセージ
軒先に幸せ運んだ仙台四郎と愛宕橋のおばちゃん

笑顔の坊主頭

私の実家は仙台市営地下鉄南北線の仙台駅から南に2駅目の愛宕橋駅すぐそばで、40年前となる私の幼いころは市電の停留所があり、通りには瀬戸物屋、本屋、子供の乗り物屋、漬物屋、こんにゃく屋、お茶屋や竹細工屋が並び、ちょっとした賑わいがあった。

次々と商店街が店をたたんでいく中で最後まで頑張っていたのが、おばさん1人で切り盛りしていたお菓子屋で、それは実家から通りに出る間口にあったから、私の日常的な場所でもあった。

木造の建屋が印象的だが、お店には屋号も看板もないから、近所ではおばさんの名前からその店を「Hさん」と呼んだ。店内は博物館に展示されるほどの年代物の木製のショウケースに毎朝仕入られるアンパンやジャムパンが並び、私のお気に入りは20円の白あんと黒あんの二種類のあげまんじゅうと色とりどりの1個5円のあめ。

そんなカラフルな商品の中央に鎮座していたのはモノクロの「仙台四郎」の肖像写真だった。

子供のころの私はお店に行く度に、その微笑みかける和服を身にまとった坊主頭のおじさんをちらりと見て、なぜか凝視することができず、それが何者かが分からずのままにいたが、ものを知るようになってから、仙台の「人神」「福の神」だと分かるのは随分と後のことである。

勝手に掃除

仙台四郎の本名は芳賀四郎。江戸末期から明治期に仙台市内を徘徊していた知的障がい者とされ、いつもにこにこしていて仙台の商店を訪れ、店先にほうきが立てかけてあれば勝手にそうじをし、その店は繁盛するなど、彼が立ち寄る店には福がもたらされるという噂から「人神化」が始まった。

仙台では大正時代からブームとなったが、メディア時代に入ってのブームは1986年で、近年になってからは地域の活性化とメディア効果もあり、肖像写真に限らず、人形や小物などの関連商品も販売され、仙台四郎グッズは仙台土産としての地位も築いている。

初売りや七夕祭り、ジャズフェスや光のページェントなど、年中行事が多い仙台であるが、仙台四郎は季節に限定されない安定したキャラクターで、仙台の街を歩けば、店先のオブジェやポスター、多種多様なグッズなど必ず仙台四郎に出会うことになる。

この仙台四郎のグッズは、先ほどの微笑む肖像画がモデルになっているから、すべて「微笑んでいる」ので、雰囲気を柔らかくするし、温かい気持ちにさせてくれる。それを誰かに届けたくもなってくる。やはり今も「福の神」として、益々効果は大きい。

障がい者への姿勢

そして、この話は障がい者と社会や地域の付き合い方の手本として語られることも多い。いつもにこにこしている天真爛漫の障がい者を受け入れるか、排除するかで、商売が繁盛する、しないの話とは、障がい者に対しての姿勢が問われている、と解釈できるだろう。

特に一般消費者を相手にする商店では、どんな人も分け隔てなく接することが、社会におけるその店の価値を高めるもので、商売という結果に結びつくという話である。これは現在の障がい者雇用をめぐる企業や、障がい者に対する社会の需要の問題に結びついていく。障がい者雇用を生産性の論理に組み入れようとしてうまくいかない企業や、障がい者関連の施設の開設に反対する地域コミュニティが存在する日本社会の中で、仙台四郎のほほえみは何かを語りかけてくれるような気がしてならない。

「インクルーシブ」との言葉が徐々に広まりつつ中で、すべてが包摂された状態とはどんな形なのか、への議論はまだまだ少ない。仙台四郎への視座は、障がい者をめぐる社会モデルの形成、ノーマライゼーション社会の実現、そしてインクルーシブの形を考える上での多くの示唆を含んでいるのである。

おばさんも四郎に

話は愛宕橋通りの実家の話に戻る。

仙台四郎の存在を知り、彼のほほえみの意味を深く考えられるようになってからの私は高校を卒業し、実家を離れたが、帰省の度にお菓子屋のおばさんのところには顔を出し、しばらくとりとめもない世間話をするのが常だった。そのおばさんは私が社会人になった頃から認知症となり、商売をやめた。

それでも、自分の体の分だけは店のシャッターを開け、ひたすらにこにことした笑顔で通りの人を眺めていた。私が年に一度帰省すると、にこにことあいさつし「元気だった?」「元気だよ」と言葉を交わすのだが、私が誰なのかはだんだんと分からなくなっていたかもしれない。しかし一点の曇りのない笑顔は絶やさなかった。それは誰に対しても同じで、地下鉄駅が近いことからマンションも増える中で、そのおばさんを知らない転勤族にも遠隔地からの学生にも笑顔であいさつをするから、彼ら彼女らも自然とあいさつを交わすのだという。

それは、私なりの解釈で、おばさんは仙台四郎になったのだと気付いた。通勤や帰宅中に出会うその笑顔に温かな力をもらった人はいるはずだ、と勝手に思う。

おばさんは没し、お菓子屋は最近になって取り壊され、その場所は仙台市の駐輪場になった。しかし、今も私の中で「福の神」の笑顔は消えないままでいる。

  • 148人見ました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コラムニスト

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ

    関連コラム

    ページの先頭へ


    Top