精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

業界ニュース

愛着障害という名の「心の渇望」にも着目 三位一体で獄中鑑定へ|#供述弱者を知る 

愛着障害という名の「心の渇望」にも着目 三位一体で獄中鑑定へ|#供述弱者を知る

植物状態であった患者(当時72歳)の自然死が、殺人事件にされた呼吸器事件。誰も外していない、外れてもいなかった呼吸器のチューブを、看護助手の西山美香さん(40)が密かに外して患者を窒息死させた、という犯行は、警察と検察のでっち上げだった。

この冤罪を解くための獄中鑑定が実現するのかどうか。弁護人、家族、そして、西山さん本人の協力が不可欠になる。さらに、刑務所の許可が必要になる。立ちはだかる壁はとても高いように思われた。

取材班の新たなブレーンとして加わった元記者で精神科医の小出将則医師(59)=一宮むすび心療内科(愛知県一宮市)院長=は2017年2月9日、西山さんの両親への手紙を中日新聞本社で何通か読み、軽度知的障害と発達障害を見抜いた。その上で、獄中で鑑定することを快諾してくれた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ

コメント一覧

    ページの先頭へ

    facebookコメント

    ページの先頭へ


    Top