精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2020年07月アーカイブ - 業界ニュース

うつ病休職者の8割が病気にあらず、コロナで急増の「社会的うつ」の正体

うつ病休職者の8割が病気にあらず、コロナで急増の「社会的うつ」の正体

コロナ禍の社会生活が続く中、「社会的うつ」が増えているという。著書『社会的うつ―うつ病休職者はなぜ増加しているのか』の中で「社会的うつ」という言葉と概念を独自に定義した近畿大学教授(労働・福祉政策)でジャーナリストの奥田祥子氏に話を聞いた。

やることが3個以上あるとパニック…発達障害の「先延ばしグセ」に効くスゴ技

やることが3個以上あるとパニック…発達障害の「先延ばしグセ」に効くスゴ技

長期化するコロナ禍で「新しい生活様式」が推奨され、会社の方針や感染の状況で在宅ワークと出社が入り乱れているこの時期。なかなか「生活のリズム」をつかめないまま、仕事に集中できない日々が続いてしまっている人もいるのではないでしょうか。 「あたりまえのことがあたりまえにできない僕らにとって、変化があるだけでも厳しい」と話すのは、発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。 近著『発達障害サバイバルガイド──「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』では、借金玉さんが幾多の失敗から手に入れた「食っていくための生活術」が紹介されています。 働かなくても生活することはできますが、生活せずに働くことはできません。仕事第一の人にとって見逃されがちですが、生活術は、仕事をするうえでのとても重要な「土台」なのです。 この連載では、本書から特別に抜粋し「在宅ワーク」「休息法」「お金の使い方」「食事」「うつとの向き合い方」まで「ラクになった!」「自分の悩みが解像度高く言語化された!」と話題のライフハックと、その背景にある思想に迫ります(イラスト:伊藤ハムスター)。

人気YouTuber、双極性障害との10年を告白 家の2階から飛び降りた過去も

人気YouTuber、双極性障害との10年を告白 家の2階から飛び降りた過去も

うつ状態と躁状態が繰り返し訪れる双極性障害。精神疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつで、自殺リスクの高さでも知られています。

そんな病と10年付き合っていることを、ひとりの人気ユーチューバーが告白。大きな話題になっています。

やめられない不倫…渡部の騒動で注目の“セックス依存症”、経験した漫画家が警鐘「偏見でなく正しい知識を」

やめられない不倫…渡部の騒動で注目の“セックス依存症”、経験した漫画家が警鐘「偏見でなく正しい知識を」

アンジャッシュ・渡部建の不倫問題が報じられた際、メディアやSNSでは「セックス依存症ではないか?」との声が飛び交った。だがこれを受けて、「セックス依存症という病名はない」という専門家からの指摘もあり、のちに鎮静化に向かった。これまでも、同様のスキャンダルが起こると取り沙汰されてきた“セックス依存症”だが、何も有名人だけが陥る病ではない。ではその実態とは何なのか? 日本で最初に顔を出して症状を公表し、漫画『セックス依存症になりました。』を描いた漫画家・津島隆太氏に、見解を聞いた。

ひきこもり「自立支援業者」を監禁罪などで刑事告訴…破産で賠償なし、被害男性「逃げ得許さぬ」

ひきこもり「自立支援業者」を監禁罪などで刑事告訴…破産で賠償なし、被害男性「逃げ得許さぬ」

「ひきこもり支援」をうたう民間施設「あけぼのばし自立研修センター」から、無理やり「拉致」されたとする元入所者が、運営する「クリアアンサー」(東京都新宿区)の元代表らを逮捕監禁致傷などの罪で刑事告訴し、警視庁牛込署に受理された。

元入所者や代理人弁護士らが7月28日、会見で明らかにした。同社は民事提訴もされていたが、2019年末に破産。債権者らには支払いがなされない見込みだ。元入所者らは「逃げ得を許さない」と訴えた。

「このままでは死ぬかも…」引きこもり経験者、就労までの道

「このままでは死ぬかも…」引きこもり経験者、就労までの道

引きこもりに悩む人や、家族に必要な支援とは何か。21歳から4年間、自宅にこもった児玉光司さん(43)=福岡県飯塚市=は、立ち直りを無理強いしない支え方と、それを見守る寛容さを社会に望んだ。

就労継続支援B型「工賃と満足度」アンケートを掘り下げる~重要なのは「リカバリー志向性」 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

就労継続支援B型「工賃と満足度」アンケートを掘り下げる~重要なのは「リカバリー志向性」 - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

民間調査で「高工賃と満足度に関係がない」とする結果が出、それを福祉新聞が載せていました。「低工賃の言い訳に使われた」などと納得のいかない声もあったため、調査論文を読んでみたのですが、報道では扱われなかった要素が若干あったのです。

職員の超過労働、子どもたちの将来…児童養護施設が危ぶむコロナの猛威(瀬尾 幸子)

職員の超過労働、子どもたちの将来…児童養護施設が危ぶむコロナの猛威(瀬尾 幸子)

厚生労働省の緊急調査では、令和2年1月〜4月分の児童相談所での児童虐待相談対応件数はいずれの月も増加傾向にあることがわかった。母親のネグレクトにより8日間自宅にひとり取り残され、飢餓と脱水により命を落とした3歳の女の子の事件が記憶に新しい。誰もが息苦しい時間を過ごし、実の親子の関係ですら疲弊したコロナ禍にあって、児童養護施設はいったいどういう状態だったのか。そして第二波が懸念されるいま、第一波をふまえての心配事はなにか。わたしたちができることはあるのか。外からは見えづらい現場の状況を都内外の児童養護施設の方々から取材した。

「平均点教育」に殺される、「発達障害の子ども」が持つ才能 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

「平均点教育」に殺される、「発達障害の子ども」が持つ才能  | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

無限の可能性を秘めている発達障害の子どもたちは、現代の学校教育の場では生きづらさを感じている場合があります。発達障害の個性が武器になるか、障害とされるかは、所属する社会環境に左右されるといえるのです。※当記事は、2018年12月4日刊行の書籍『「発達障害」という個性 AI時代に輝く――突出した才能をもつ子どもたち』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

摂食障害、アルコール依存症、薬物依存症、リストカット… なぜ繰り返してしまうのか?/「薬に頼らずに、うつを治す方法」を聞いてみました⑩ | ダ・ヴィンチニュース

摂食障害、アルコール依存症、薬物依存症、リストカット… なぜ繰り返してしまうのか?/「薬に頼らずに、うつを治す方法」を聞いてみました⑩ | ダ・ヴィンチニュース

復職後再発率ゼロの心療内科の先生に、”うつ”についてのあれこれを聞いてみました。「こころの病気」や「うつ病」、「いかに、うつを治すか」などについて学びながら、回復していくプロセスをわかりやすくリアルに伝えます。


Top