精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2020年10月アーカイブ - 業界ニュース

【ここまで進んだ最新治療】双極性障害のうつ、新たな保険適用薬「ルラシドン」に期待 海外では10年近く使用

【ここまで進んだ最新治療】双極性障害のうつ、新たな保険適用薬「ルラシドン」に期待 海外では10年近く使用

昔は「躁(そう)うつ病」と呼ばれていた「双極性障害」。気分が高まる「躁状態」と気分が落ち込む「うつ状態」を繰り返す脳の病気で、およそ100人に1人がかかるとされる。

e-sportsに特化した就労移行支援事業所「ACADEMIA大阪」の取り組み - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

e-sportsに特化した就労移行支援事業所「ACADEMIA大阪」の取り組み - 成年者向けコラム | 障害者ドットコム

大阪市中央区西心斎橋の就労移行支援事業所「ACADEMIA大阪」は、e-sportsに特化したプログラムを組んだ非常に個性的な事業所です。ゲームの腕までだけでなく、SSTや依存症対策やイベント運営など様々な派生プログラムもあり、多種多様かつ前例の少ない就職口へと繋がりつつあります。

脳スキャンにより発達障害に見られる「感覚過敏」の原因となる脳の部位が判明

脳スキャンにより発達障害に見られる「感覚過敏」の原因となる脳の部位が判明

神経発達障害の一種である自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠如多動症(ADHD)の中には、視覚や聴覚といった感覚が敏感なため生活に不便を来す「感覚過敏」という症状を持つ人がいます。ASDやADHDの人を含む合計218人の脳をスキャンした最近の研究により、発達障害に見られる「感覚過敏」の原因となる脳の部位が特定されました。

自己中な夫の機嫌を伺う日々…妻が救われた「発達障害別居」とは | mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私へ、小さな一歩!(1/2)

自己中な夫の機嫌を伺う日々…妻が救われた「発達障害別居」とは | mi-mollet NEWS FLASH Lifestyle | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私へ、小さな一歩!(1/2)

自分の意思をまったく示さない、共感やいたわりが感じられない、自分の趣味に没頭している……。そんな発達障害特性が見られるパートナーを持ち、その障害特性に翻弄されて身体的・精神的にダメージを受けてしまう症状を「カサンドラ症候群」と呼びます。

「酒を飲まないと終わった気がしない」で依存症に……在宅勤務のワナ : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

「酒を飲まないと終わった気がしない」で依存症に……在宅勤務のワナ : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

新型コロナのステイホームは一段落し、「さあ、外に出よう!」と、Go To トラベルにGo To Eatと、国は国民の活動を促すためにお金を使っています。とは言っても、テレワークが続いている人も多く、国が提唱する新しい生活様式は続き、コロナ肥満、コロナうつが話題になっています。コロナ飲酒というのもあります。コロナ離婚も聞きますが、それってホント?

IQ70未満が34%…ホームレスが抱える知的障害というタブー|ホームレス消滅|村田らむ

IQ70未満が34%…ホームレスが抱える知的障害というタブー|ホームレス消滅|村田らむ

最近、路上生活者(ホームレス)の姿を見かけなくなったと感じることはないだろうか? 実際、各自治体の対策強化により、ここ10年でおよそ70%も減少したという。『ホームレス消滅』は、そんなホームレスの現状を取材歴20年のライター、村田らむさんが体当たりでレポートした1冊。決して他人ごとではない、彼らの生活のリアルが伝わってくる本書から、印象的なエピソードをいくつか紹介しよう。

傷ついた人をさらに追い込む「良識的アドバイス」の危険性 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

傷ついた人をさらに追い込む「良識的アドバイス」の危険性 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

うつ、不安・緊張、対人関係の問題、依存症――近年、これらの悩みを抱える人はますます増えている。実は、それぞれに共通する原因になり得るものとして、親との関係によって築かれる「愛着」がある。ここでは、「愛着アプローチ」という手法を用いて、現代人の悩みの解決に寄与したい。※本連載は、精神科医・作家である岡田尊司氏の『愛着障害の克服 「愛着のアプローチで人は変われる」』(光文社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【マンガ】「大人の発達障害」を同僚に告白…待ち受けていた「予想外の言葉」(竹村 優作,ヨンチャン) @moneygendai

【マンガ】「大人の発達障害」を同僚に告白…待ち受けていた「予想外の言葉」(竹村 優作,ヨンチャン) @moneygendai

「大人の発達障害」という言葉が、世間に浸透し始めて久しい。書店には「大人の発達障害」というタイトルの本があふれ、ネットでは「自分で行えるチェックリスト」と銘打った記事を見かける。そんな中で「大人の発達障害」を抱えながらも、児童精神科医として賢明に患者と向き合う女性医師を主人公にしたマンガがある。

発達障害の僕が発見した「いつも少し遅刻する人」に根本的に欠けている考え方

発達障害の僕が発見した「いつも少し遅刻する人」に根本的に欠けている考え方

発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。 近著『発達障害サバイバルガイド──「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』では、借金玉さんが幾多の失敗から手に入れた「食っていくための生活術」が紹介されています。 働かなくても生活することはできますが、生活せずに働くことはできません。仕事第一の人にとって見逃されがちですが、生活術は、仕事をするうえでのとても重要な「土台」なのです。 この連載では、本書から「在宅ワーク」「休息法」「お金の使い方」「食事」「うつとの向き合い方」まで「ラクになった!」「自分の悩みが解像度高く言語化された!」と話題のライフハックと、その背景にある思想に迫ります。


Top