精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2022年03月アーカイブ - 業界ニュース

目の前で制圧され長男死亡、両親が提訴 精神科病院の「対応疑問」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

目の前で制圧され長男死亡、両親が提訴 精神科病院の「対応疑問」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

東京都内にある大学付属の精神科病院に入院していた男性(当時40)が死亡したのは、不適切な身体拘束が原因だとして、男性の両親が病院を経営する大学に対して約8600万円の損害賠償を求める裁判を17日、

【精神科医が教える】一方的なお願いへのたった1つの対処法

【精神科医が教える】一方的なお願いへのたった1つの対処法

感動小説『精神科医Tomyが教える 心の荷物の手放し方』の著者が、voicy「精神科医Tomy きょうのひとこと」から、とっておきのアドバイス。心がスッと軽くなる“言葉の精神安定剤”で気分はスッキリ、今日がラクになる!

COVID-19罹患者では精神疾患発症率が増加

COVID-19罹患者では精神疾患発症率が増加

米国VASaintLouisHealthCareSystemのYanXie氏らは、退役軍人局(VA)のnationalhealthcaredatabaseを利用して、急性期を乗り越えた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者が1年後までに各種の精神疾患を発症するリスクを対照群と比較する大規模コホート研究を行い、同時期にVAの医療機関を受診したS

向精神薬の「大量処方」がこんなにもヤバすぎる訳 | 精神医療を問う

向精神薬の「大量処方」がこんなにもヤバすぎる訳 | 精神医療を問う

うつ病薬や睡眠薬など、脳の中枢神経に作用する向精神薬。その副作用や依存に苦しむ人は多い。日本は、1つの薬ではなく複数の薬を併用する傾向が国際的にみて高いことはかねて指摘されてきた。多剤併用は大量処方…

精神疾患家族による、器物破損の修理費用負担の必要性について

精神疾患家族による、器物破損の修理費用負担の必要性について

【相談の背景】お世話になります。精神疾患の家族(戸籍を抜いている)が起こした器物損壊の費用を家族が負担する法的義務はあるのでしょうか?・統合失調症の姉が生活保護費で一人暮らししているアパート...

「措置入院」通報9割が診察に至らず 保健所調査止まり、岐阜県 | 岐阜新聞Web

「措置入院」通報9割が診察に至らず 保健所調査止まり、岐阜県 | 岐阜新聞Web

精神疾患の症状から自分や他人を傷つける恐れがある人を行政が本人や家族の同意なく入院させる「措置入院」の運用に関し、岐阜県が警察官からの通報を受けていながら、入院の可否を判断していないケースが頻発...

小林麻耶の元夫、ヒカルの多額寄付を「偽善」と挑発も「良い考えがある」謎オファーの狙い | 週刊女性PRIME

小林麻耶の元夫、ヒカルの多額寄付を「偽善」と挑発も「良い考えがある」謎オファーの狙い | 週刊女性PRIME

小林麻耶と離婚した整体師・國光吟の暴走ブログが止まらない。今度は1億円近く寄付している人気YouTuber・ヒカルを挑発した國光。「とても良い考えがある」と呼びかけるも一方通行なコミュニケーションに終始しており、このままではヒカルも“巻き込まれ事故”に遭いそうな展開でーー。

「統合失調症」が原因で離婚された元妻のささやかなリベンジ【精神科医の解説】 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

「統合失調症」が原因で離婚された元妻のささやかなリベンジ【精神科医の解説】 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

外来に30年通い続けている統合失調症の女性がいます。ある診察日に浮かない顔で、「別れた夫から、お金を貸してくれと言われたが、どうしたらいいか」と話したという。彼女が夫と別れたのは、はるか30年も前のことです。元妻が取った行動とは。精神科医が著書『シン・サラリーマンの心療内科』(プレジデント社、2020年9月刊)で解説します。

障害知らせる文書作成は違法 自治会に賠償命令―大阪地裁:時事ドットコム

障害知らせる文書作成は違法 自治会に賠償命令―大阪地裁:時事ドットコム

市営住宅で暮らす知的、精神障害のある男性=当時(36)=が自殺したのは、障害について説明する文書作成を自治会役員らに強要されたのが原因だとして、遺族が役員らに計2500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、大阪地裁であった。林潤裁判長は「文書はプライバシーや個人の尊厳を侵害しており、社会的相当性を欠いている」として、違法性を認め計44万円の支払いを命じた。 判決によると、大阪市の市営住宅で1人暮らしをしていた男性は2019年11月、障害を理由に自治会班長の仕事を断った。住民への説明を目的に、自…


Top