精神科ポータルサイト サイキュレ - Psychiatry Curation

精神科医療関係者様の会員登録をお待ちしております。  新規会員登録  ログイン

2022年05月アーカイブ - 業界ニュース

「(精神が)病んでいる」ってどういう状態?

「(精神が)病んでいる」ってどういう状態?

前回まで、精神疾患の分類法とそこから見える精神医学の脳、神経、心、精神の捉え方、その違いについて説明してきました。では、その「精神が病んでいる」とは何でしょうか?精神科で言う疾患とは?そもそも病気とは何でしょうか?今回はこういうことについて話していきたいと思います。最初に一言で結

【また再逮捕】「薬物ジャンキーが信奉していた」“歌舞伎町精神科医”のヤバすぎる薬事情を元交際相手A子さんが告発「危険なダイエット薬や向精神薬をバンバン処方していた」《行政も注視》 | 文春オンライン

【また再逮捕】「薬物ジャンキーが信奉していた」“歌舞伎町精神科医”のヤバすぎる薬事情を元交際相手A子さんが告発「危険なダイエット薬や向精神薬をバンバン処方していた」《行政も注視》 | 文春オンライン

5月16日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)が名誉毀損容疑で再逮捕された。「伊沢被告は、2021年秋に20代の女性患者に対して名誉を棄損したとみられ…

【また再逮捕】《元患者も告発》傷害・覚せい剤で逮捕の“黒コートの精神科医”の驚くべき“前科”「劇薬リタリンを102万錠処方で社会問題」「薬物依存の末に患者が死亡」 | 文春オンライン

【また再逮捕】《元患者も告発》傷害・覚せい剤で逮捕の“黒コートの精神科医”の驚くべき“前科”「劇薬リタリンを102万錠処方で社会問題」「薬物依存の末に患者が死亡」 | 文春オンライン

5月16日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)が名誉毀損容疑で再逮捕された。「伊沢被告は、2021年秋に20代の女性患者に対して名誉を棄損したとみられ…

「7階のベランダで体を押さえ、片手で110番通報」アルコール依存症を再発した46歳の妻と朝日新聞記者の夫が過ごした“壮絶な断酒生活” | 文春オンライン

「7階のベランダで体を押さえ、片手で110番通報」アルコール依存症を再発した46歳の妻と朝日新聞記者の夫が過ごした“壮絶な断酒生活” | 文春オンライン

摂食障害、アルコール依存症に苦しむ妻を20年近く介護し続けてきた、朝日新聞記者の永田豊隆氏。その体験を克明に綴った朝日新聞デジタルの連載は100万PV超の大きな反響を呼び、2022年4月に『妻はサバイ…

摂食障害に苦しむ34歳の妻が性被害を告白…精神科病院で彼女の身に起こった“衝撃的な異変”「テーブルの周りを10分ほど走り回り…」 | 文春オンライン

摂食障害に苦しむ34歳の妻が性被害を告白…精神科病院で彼女の身に起こった“衝撃的な異変”「テーブルの周りを10分ほど走り回り…」 | 文春オンライン

摂食障害、アルコール依存症に苦しむ妻を20年近く介護し続けてきた、朝日新聞記者の永田豊隆氏。その体験を克明に綴った朝日新聞デジタルの連載は100万PV超の大きな反響を呼び、2022年4月に『妻はサバイ…

【また再逮捕】「『従順になるように』と劇薬を処方されました」被害女性A子さん(20代)が告発する《歌舞伎町精神科医》による“薬漬け洗脳”の手口 | 文春オンライン

【また再逮捕】「『従順になるように』と劇薬を処方されました」被害女性A子さん(20代)が告発する《歌舞伎町精神科医》による“薬漬け洗脳”の手口 | 文春オンライン

5月16日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)が名誉毀損容疑で再逮捕された。「伊沢被告は、2021年秋に20代の女性患者に対して名誉を棄損したとみられ…

女性患者に名誉毀損容疑 精神科医の男再逮捕―警視庁:時事ドットコム

女性患者に名誉毀損容疑 精神科医の男再逮捕―警視庁:時事ドットコム

女性患者の家族の勤務先に、女性の名誉を傷つけるメッセージを繰り返し送ったとして、警視庁は16日、名誉毀損(きそん)容疑で、精神科医の伊沢純容疑者(51)=東京都新宿区歌舞伎町=を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。容疑について黙秘しているという。 再逮捕容疑は昨年9月4日~10月2日、診察で知り得た20代女性の職業に関するプライバシーや、「(女性が)財布から現金20万円を盗んだ」とするうその文章などを、女性の家族が勤める会社のホームページ問い合わせ欄に5回にわたって送信し、名誉を傷つけた疑…

患者の父親の勤務先に中傷メッセージ 精神科医を名誉毀損容疑で逮捕:朝日新聞デジタル

患者の父親の勤務先に中傷メッセージ 精神科医を名誉毀損容疑で逮捕:朝日新聞デジタル

患者だった20代女性を中傷するメッセージを女性の父親の勤務先に送信したとして、警視庁は16日、精神科医の伊沢純容疑者(51)=東京都新宿区歌舞伎町2丁目=を名誉毀損(きそん)の疑いで再逮捕した。捜査…

医療保護入院、「廃止」を削除 精神科、厚労省が表現後退 | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE

医療保護入院、「廃止」を削除 精神科、厚労省が表現後退 | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE

精神科病院の医師が家族らの同意を得て患者を強制的に入院させる「医療保護入院」制度について、厚生労働省は15日、有識者検討会の資料から「将来的な廃止」との文言を削除した。日本精神科病院協会(日精協)の委員が反発したことなどが要因とみられ、表現を後退させた形。 厚労省は3月中旬の検討会に示した資料では、医療保護入院について「基本的には将来的な廃止も視野に、縮小に向け検討」としていたが、15日の資料では「将来的な継続を前提とせず、縮減に向け検討」と修正した。

「コロナうつ」知らぬうちに心身疲弊の恐ろしさ 福井県立病院では精神疾患の重症者、自殺未遂の緊急搬送が増加 | 社会,医療 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

「コロナうつ」知らぬうちに心身疲弊の恐ろしさ 福井県立病院では精神疾患の重症者、自殺未遂の緊急搬送が増加 | 社会,医療 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

新型コロナウイルス禍の長期化に伴う社会不安や景気低迷などにより、「コロナうつ」と呼ばれる心身の不調が福井県内でも目立っている。県内の精神科医は「悩みや不安を抱える人は早期に専門機関に相談してほしい」と呼び掛ける。⇒コロナ下で男性の「心の相談」増えた理由 WHO(世界保健機関)によると、コロナ禍の中で、うつ症状や認知症、アルコール依存症などが世界的に増加している。


Top